忍者ブログ
日々のこと
最新コメント
[12/09 Emiliouui]
[11/12 DSLR-A900]
[12/20 Sarah Weiss]
[12/19 Humberto Rodriguez]
[12/16 Zachary Heath]
フリーエリア
ブログ内検索
アクセス解析
[12] [11] [10] [9] [8] [5] [4] [1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

杉浦翠子 『愛(かな)しき歌人の群』 昭和2年・福永書店
妻であり歌人である 翠子(本名 翠)の装丁を手がけた歌集です。
大正に入り、ゼツェッション・スタイルを吸収した杉浦非水ですが、この装丁も非水独自のデザインになるのでしょうか。

アール・ヌヴォーに感動し、大正11年に渡仏。

杉浦非水装丁は、この『愛しき歌人の群』ほか、小学生全集などの装丁や挿絵を、アール・デコ調にも描いています。

さきに紹介した杉浦翠子『愛(かな)しき歌人の群』のケースです。文字は右上からはじまっています。時代を感じる。

見目麗しいとでも表現したほうがよさそう。
額から鼻の高低がはっきりさせないのは、日本と異国の情緒を持たせるためなのかと。日本の女性とはわからない。エジプトの女性でもとおると思いませんか?

このあと非水は和風化した裝本をたどります。

画像引用:http://photos1.blogger.com/画像引用:http://photos1.blogger.com/
杉浦非水 装丁本の表紙です。藤の花に蝶は、アール・ヌーヴォーか琳派を意識した図案ですが、色彩がグラフィックな印象を受けました。

残念ながら、画像引用先には、装丁本とあるだけで、年代なども不明です。

ただ、円本全集ではないかと思われるのは、次の鷺と思われる鳥と、色の具合が似ているからです。同じシリーズの装丁か。あるいは裏表ではないかと。


ご存知の方は教えてくださいませ。ネットで検索してもわからなかったものですから。

画像引用:http://photos1.blogger.com/大正浪漫に名を馳せる非水、そして竹久夢二も図案集を出版しています。神坂雪佳も同じ時代をすごし、この時代はさまざまな流派や主義の芸術が溢れた時代です。

非水はレトロスタイルという図案集のほか、ポストカード美人画、雑誌、工芸品まで才能を発揮しています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
藤の花、鷺
上記の画像2点は、『生さぬなか』柳川春葉 (金尾文淵堂 大正2年出版)の上巻と中巻の表紙絵です。
北山土筆 2007/05/23(Wed)11:24:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
杉浦非水 ポストカード
大正期の文壇には芥川龍之介、有島武郎・武者小路実篤・志賀直哉ら白樺派、中里介山、菊池寛らが活躍し、演劇では小山内薫らが活躍する。 神戸市東灘区・灘区・芦屋市・宝塚市・西宮市・伊丹市を中心に阪神間モダニズムは、近代的な芸術文化・生活様式の発祥で、高級邸宅を中心に発展する。兵庫県立近代美術館、フランク・ロイド・ライト設計の山邑太左衛門邸(ヨドコウ迎賓館)、谷崎潤一郎の邸宅や旧居、仏教の大谷光瑞伯爵邸、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の校舎が建設され、小磯良平や手塚治、朝比奈隆に湯川秀樹まで、芸術家や文...
URL 2006/07/10(Mon)12:25:19
杉浦非水
日本のアールヌーヴォーの時代に活躍した杉浦非水(1876 - 1965 本名 朝
URL 2006/07/10(Mon)12:31:38
杉浦非水 -明治のハイカラ 大正ロマン
杉浦非水は、まったくもってグラフィックデザイナーである。だが、この美人画を描観るだけだと、当時(明治・大正)の時代では竹下夢二あたりのロマン的な雰囲気が漂い、あとに続く蕗谷虹児、中原淳一までも思い浮かべるのかもしれないが、非水はちょっと違うのだ。アール...
URL 2006/07/10(Mon)12:37:07
杉浦非水 レトロスタイル
      1935年「非水自伝六十年」に、「図案に進出しよう」という杉浦非水
URL 2006/07/10(Mon)12:44:24
忍者ブログ [PR]